自動車の歴史について

自動車の歴史について知ろう

自動車が好きな方もそうでない方も、自動車の歴史について知っておくのもおすすめです。

自動車は普段から目にしている方も多いと思いますが、その歴史について知っている方は意外と少ないと思います。

ですが、自動車にも歴史があるのです。

その歴史をひも解くことで、これから自動車を目にする時にもより興味を持ってチェックできるようになります。

ここでは自動車の歴史の概要をご紹介していきます。

ぜひ勉強して、今後のカーライフに役立ててみてほしいと思います。

自動車の歴史を紹介します

自動車の誕生は1700年代まで遡ります。

自動車はなんと1700年代の頃からその歴史が始まっているのです。

現代の高性能な車を見ているともっと最近スタートしたようにも思える自動車ですが、なんと遡るとこれだけ以前から誕生しているのです。

ただし、当時開発された自動車はもちろんですが、今の車とは全く違う性能のものでした。

現代では100キロや200キロも出る車もありますが、当時の車はなんと10キロも出ないくらいのスピードだったと言われています。

アクセルを踏めば自動で走り出しますが、そのスピードはあまり出ないというものだったようです。

また、この頃はまだ開発がスタートして間もない頃だったため、テストにも様々な失敗が合ったようです。

テスト走行をしていたら、ハンドルが切れずにカベに衝突してしまったというトラブルもあったようで、先人の苦労の末に今の車があると言えるのです。

また、このカベへの激突が、記念すべき初の交通事故と言われています。

もちろん当時は笑えるものではなかったと思いますが、10キロの車でカベに衝突したというのは、今聞くとビックリしてしまうような事件でもあります。

こうした車の誕生から、徐々に車の性能も改善されるようになりました。

電気自動車も実は1700年代後半から研究がされており、1800年代に入り現実的な可能性が見え始めた段階でした。

今でこそ普及し始めている電気自動車ですが、その歴史はとても古いものがあったのです。

1800年代から1900年に入ると、ガソリン自動車が主流になります。

改善も加えられ、今の自動車の前身とも言えるような、しっかりと走り、遠出するにも便利な車が誕生するようになりました。

そこから1900年代中盤、後半にかけてはさらに性能が高性能になり、現代の車に続いていきます。

より車に興味を持とう

このように車には長い歴史があります。

こうした歴史を知ることであなたもより車に興味を持つことができるので、ぜひ今回の話の他にもご自身でチェックしてみるのもおすすめです。

きっと歴史を知ることでまた新しい発見もあるはずです。

ぜひ車をさらに楽しんでみてくださいね。

モノイズム編集部