「痛くない注射器」を発明したエリザベス・ホルムさんの半生

痛くない注射をご存知でしょうか

エリザベス・ホルムさんという方をご存知でしょうか。

あまりご存知でない方もいるかもしれませんが、この方はTIMEという世界的に有名なニュース雑誌が発表した、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた人物です。

なんと30歳で個人資産という個人で持っている資産が5000億円を超えており、もはや一生困らない資産を若くして築き上げている方です。

しかもこの方、なんと女性の方です。

資産家というと何となく恰幅の良い男性の方をイメージしてしまう方もいるかもしれませんが、まさにFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏と同様に注目されている人物でなのです。

エリザベス・ホルムさんがどのようにこのような莫大な富を築き上げたのかということですが、これは、痛くない注射器を開発したことが理由となっています。

子供なら誰でも苦手としている注射ですが、これをエリザベス・ホルムさんは痛みがなく行なえるように改善しました。

小さな改善のように見えますがまさに画期的なアイデアで、一気にその技術は世界に広まり、このような莫大な資産を作るに至りました。

エリザベス・ホルムの半生に迫ってみたいと思います。

エリザベス・ホルムさんの半生

エリザベス・ホルムは、有名な大学を中退したという経歴を持っています。

世界的にも名門校として知られるスタンフォード大学に在籍していましたが、エリザベス・ホルムさんはなんと中退してしまったのです。

多くの方が有名大学に入学したらそのまま在籍して、大学名を自分の経歴に役立てようと考えがちですが、エリザベス・ホルムさんは逆に中退の道を選びました。

その理由は、もっと良いお金の使い道があるからということでした。

エリザベス・ホルムさんはなんとスタンフォード大学1年めは最優秀の学生に選ばれていましたが、そこから医療に関するアイデアを思いつき、中退をしました。

そして起業して10年間かけて医療システムの開発を行い、画期的なシステムを開発して利益を上げました。

この後もエリザベス・ホルムさんは画期的な開発を進め、医療業界では注目されるようになりました。

さらにそこから痛くない注射器の開発にも乗り出しました。

多くの方がストレスに感じていた注射ですが、何となく仕方ないと我慢していた痛みのある注射は、確かに痛みがない方が良いということが多くの方に受け入れられ、一気に広まるようになりました。

そしてエリザベス・ホルムさんは現在の富を築いています。

自分の人生に役立てよう

エリザベス・ホルムさんは学生時代からそのセンスを発揮して起業した人物と言えますが、この半生にはとても学ぶことも多いはずです。

ぜひあなたもエリザベス・ホルムさんの半生から何かを学び取り、今後の人生に活かしていってほしいと思います。

モノイズム編集部