【職業解説】ライターの魅力

新聞や雑誌などの記事を作成する仕事

ライターは雑誌やWebなどで記事を書く仕事です。
どういった内容の文章を書くかによっていくつか種類があり、自分で取材などをして書く場合と、あらかじめ特定の題材について依頼を受けてその内容に沿って書く場合とがあります。

自分で考えて書くライターとしては雑誌記者やフリーライターといったものがあり、特定の題材についての文章を書く仕事としては挿絵ライターやテープライターといった仕事が代表的です。

ちょっと珍しいライターとしては、宣伝広告に使われる言葉を考えるキャッチコピーライターや、企業の宣伝企画をするための資料を作成するカンプライター、または販売される製品やサービスの説明書を作るテクニカルライターといったものもあります。

自分の得意の分野の知識を活かして文章を作成するというところが共通しており、分かりやすい文章を書く力が問われるものです。

フリーランスで仕事をすることもできますが、仕事を受けるためにはコネなどが必要になることから、ほとんどの人はまず出版社などで編集者として就職し、そこから独立などをする方法をとります。

文章でものを伝えるという専門性

ライターと近い仕事に作家がありますが、作家は創作のための文章作成であるのに対し、ライターは事実を伝えるための文章を作成するというところに違いがあります。

上記で紹介したライターの仕事はいずれも読み手にとって有用な情報をわかりやすく伝えるための能力が必要になります。

小説などの創作文章は必ずしも明確に何かを伝えるということを目的としていないので、同じ文章を作成する仕事であっても求められる能力は大きく異なるものです。

フリーライターとして活動をしている人の仕事内容は実にさまざまで、独自の取材方法により政治や経済、芸能、趣味、料理、スポーツなどあらゆる方面で活躍しています。

依頼元となるのは出版社や新聞社の編集部で、逆に自分で考えた記事をそうした発行元の企業に売り込みに行くという方法もとられます。

最近では特別なコネがなくても企画が面白ければ出版をしてもらえるような企画提案型のマッチングサイトサービスも登場しており、独自の記事が書けるという人にとっては恵まれた環境にあると言えるでしょう。

Webでよくみかけるのが「フードライター」と言われる料理についての記事作成をする人で、地元密着や全国規模で話題のお店を巡ってそこで料理を紹介します。

フードライターにも酒場ライターやラーメンライター、スイーツライターなどがあり、有名になることで専門家として講演活動をしていたりテレビ出演をしていたりと活躍もできるでしょう。

ライターの魅力は、自分で見聞きしたことを文章にし、それによって社会的な影響を及ぼすことができるという手応えにあります。

SLm-o7uK