革新的!「AirPods」の魅力

AirPodsは他のワイヤレスイヤホンとどこが違うのか

2016年にAppleが新型iPhoneについてのリリースで「イヤホンジャックをなくす」と宣言したときにはかなり話題になりました。
もともとBluetoothによる無線接続をスマホやAirMacに積極的に取り入れてきたのはAppleですが、いよいよそこまで来たかという感じでしょう。

それまでの有線イヤホンに変わって付属品とされるようになったのが「AirPods」で、見た目は両方の耳に差し込むイヤホン先端部分のみというものです。

ワイヤレスイヤホンという技術自体は決して目新しいものではなく、今も家電量販店などに行けば沢山のメーカーから販売されていることがわかります。

ですがこれまで販売されてきたワイヤレスイヤホンは最も小型のタイプでも左右のイヤホンが有線でつながれた形になっており、AirPodsのように完全独立型で左右に分離しているものはありませんでした。

iPhpne7本体を購入した場合の付属品としてついてくるイヤホンは有線タイプですが、イヤホンジャックではなくライトニングコネクタに接続をして使用します。

ライトニングコネクタは本体を充電するときのACアダプタの接続口としても使用されるので、充電しながら有線イヤホンは使用することができません。

そこでより便利にiPhone7を使用するためにおすすめになるAirPodsですが、これは別売りでAppleストアの標準価格では16,800円となっています。

ハイレゾ対応など高品質イヤホンであれば一万円以上のイヤホンも珍しくはないのですが、ヘッドホン型でなくインナーイヤー型でここまでの価格のタイプは他にはまず見られません。
しかしながら価格よりも性能のよさに惹かれ、発売日早々に購入をしたAppleファンも多くしばらく品切れの状態が続いていました。

高性能センサーで自動接続可能

AirPodsの最大の魅力は本体に設置されている高性能の光学センサーです。
Bluetoothによる接続をするワイヤレスイヤホンの欠点は接続の手間がかかるということなのですが、AirPodsでは常に接続状態にあるとともに耳に装着することで自動的にオン・オフが切り替わる仕様となっています。

いちいちスマホを取り出さなくてもAirPodsのどちらかをダブルタップすることでSiriを呼び出すことができるようになっているので、ハンズフリーでiPhoneを使用することが可能です。

気になる駆動時間ですが、待機状態ならば24時間、連続駆動なら5時間というふうに公式にアナウンスされています。
価格の高さがやはり最大のネックですが、使いこなせばかなり便利な製品であることは間違いありません。

SLm-o7uK