エクセルやワードの開発者「チャールズ・シモニー」について

エクセルやワードを開発した人物

仕事をしている方になくてはならないもの、それは、車かもしれませんしスーツかもしれません。

ですが、より多くの方になくてはならないもの、それはワードとエクセルです。

これらがないと仕事にならないという方は数多くいるのではないでしょうか。

日本だけでなくそれは世界的にも同じことで、ワードとエクセルはまさにグローバルスタンダードとして世界中の方に受け入れられているソフトなのです。

こうした使いやすく高機能なソフトを開発した人物が、チャールズ・シモニー氏という方です。

ハンガリーのブダペストに生まれた彼は、コンピュータの勉強を高校時代から始め、そこからプログラマーとして仕事をするようになりました。

そして、ワードとエクセルという大きな影響をもたらすソフトの開発に成功したのです。

ここではチャールズ・シモニー氏について詳しくご紹介していきます。

チャールズ・シモニー氏は天才だった

チャールズ・シモニー氏は高校の頃からコンピュータに触れていましたが、当時はまた1950年代や60年代の頃です。

コンピュータが開発され始めた頃で、しかもチャールズ・シモニー氏が生まれたハンガリーはアメリカのようにコンピュータが急速に広まっていた国では残念ながらありません。

ですが、チャールズ・シモニー氏は父が電気工学の教授をしており、そのつながりでコンピュータ技師のお手伝いの仕事をしていました。

運良く当時としては最先端のコンピュータに若い頃から触れることができ、チャールズ・シモニー氏はその魅力に没頭しました。

そして、高校在学中に独自のコンパイラーと呼ばれるものを開発してしまいました。

世界的にも高校生がこうしたコンパイラーを開発するというのは例がなく、天才と称されるようになりました。

そこからチャールズ・シモニー氏は仕事をしていましたが大学に入学してより専門的にコンピュータについて学ぶことを決意しました。

そこからさらに経験を積み、計算機科学と呼ばれる学問の博士号を取得するなど、コンピュータについての専門的な知識を増やしていきました。

こうした経験の後、チャールズ・シモニー氏はコンピュータで多くの方が使える使いやすいソフトを開発したいと思うようになります。

そして生まれたのがワードとエクセルなのです。

まさにチャールズ・シモニー氏のそれまでの経験と知識が凝縮されたソフトで、今でも高い評価を得ているソフトなのです。

あなたの人生の参考に

以上、チャールズ・シモニー氏の経歴についてご紹介してきました。

こうした様々な経験の後にワードやエクセルはできています。

あなたの人生にも参考にして、今後もワードやエクセルを活用していきましょう。

モノイズム編集部